×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

長期延滞絶対融資

長期延滞絶対融資

お金の返済を長期延滞している場合

消費者金融や金融会社、そして、金融業者や金融機関などで、長期延滞をしてしまうと、その後、消費者金融審査であらたに融資を受けようとしても、審査の際になかなかお金を貸してもらいづらくなります。

質問サイトの回答者によるとこれは、消費者金融会社などがその人の延滞の情報を信用情報に載せてしまうためで、これは、事故情報として、多重債務者であることや生活保護を受けていることなどと同じように他社にも閲覧できる情報として扱われます。

ブラック認定されてしまったらもう闇金に頼るしかなくなってしまう、と嘆く方も多いですが、このように、ローンを延滞してしまったときはどうすればいいのでしょうか。

長期延滞するとお金が借りにくくなる

生活保護や多重債務者であること、そして、そのほかのブラック情報と同じく、消費者金融や金融会社、また、金融業者や消費者金融会社などが閲覧できる信用情報に長期延滞の事実を載せられてしまうと、非常に焦ってしまいますよね。

質問サイトの回答者の方によると、このような長期延滞があった場合、やはり、金融機関の消費者金融審査には通りにくくなるとのことです。
しかし、延滞中であってもお金が必要な場面というのがあるもの。

冠婚葬祭や急な出費などでお金が必要なときに、ローンの返済を長期延滞している人は、闇金の利用を考えてしまうくらい、困ったことになりますよね。
このような事故情報があると、あらたな借金には非常に苦労することになります。

長期延滞すると信用情報にいつまで残る?

では、このように消費者金融や金融会社、また、金融業者や金融機関、消費者金融会社でお金を借りたいけれど、信用情報に生活保護や事故情報、また、多重債務者であることのほかに、長期延滞の情報が載せられていて、しかも、あらたにお金を借りたい、という方もいます。

このように延滞の情報が載せられているという場合には、いったいどうすればよいのでしょうか。
闇金に頼るほどとはいかないまでも、やはり延滞もブラックな情報には違いありません。
あらたなローンを組みたいという人は、いつまで待てば、このような消費者金融審査への影響がなくなるのかといえば、質問サイトの回答者によると、その期間は2年程度のようです。


※当サイトはアフィリエイトプログラムによってサービスをご紹介しております。 従いましてご紹介しておりますサービスは、当サイトが直接ご提供するわけではございません。 掲載情報をご利用いただく場合、お客様の責任においてご利用いただきますよう願いいたします。 当サイトでは一切の責任を負いかねますので、ご容赦ください。