×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

他社延滞中 融資されない 原因

他社延滞中以外の融資されない原因とは

他社延滞中であっても、中小消費者金融なら融資を受けられる可能性が期待できます。

しかし、他社延滞中であろうがなかろうが関係なく、まず審査に通ることは難しいのではないかと考えられる状況がいくつかあります。
どのようなときに、審査に通りにくくなるのでしょう。

 

1つ目は、申し込みブラックと呼ばれる状態にある人です。
申し込みブラックと聞くと、債務整理などの金融ブラック状態におちいっている人かと想像されるかもしれませんね。
申し込みブラックには、他社延滞中どころかどこからも借金をしたことがない人もなってしまう可能性があります。
短期間のうちにいくつもの金融会社に融資の申し込みをした人のことを、申し込みブラックと呼んでいるからです。

 

申し込みブラックになってしまう手続き回数は明確にはされていませんが、1カ月に3回以上行うのはやめておいた方が無難だといわれています。
2回までなら、申し込みブラックにはならないでしょう。

 

申し込みブラックになると個人信用情報機関のデータベースに登録されてしまい、6カ月は残るということです。
そんなにあちこちの金融機関に申し込むということは、他社で断られるだけの原因がその人にあると考えられてしまうので、審査に通過しなくなります。
6カ月を経過するまでは、個人信用情報機関の記録が抹消されません。
確実に審査に通過できるよう次に手続きをするのは半年先になりますから、すぐにお金が必要なときはとても困ることになります。
複数の金融機関にあたりたい場合は、ある程度間隔を開けて申し込みをするよう心掛けてください。

 

収入がない無職のときは、審査に通ることが難しいでしょう。
消費者金融では貸金業法の総量規制によって、年収の3分の1までしか融資できない規則になっていますので、年収がない申込者には貸し付けできなくなりました。
年収がないという意味で、専業主婦の方も消費者金融は契約できません。
専業主婦の方は、貸金業法が関係ない銀行カードローンで借り入れできます。

 

消費者金融で主婦の方が借り入れしたい場合に、「配偶者貸付」があります。
配偶者である旦那さんが同意をしていれば、申し込みすることが可能です。
この場合でも収入がない専業主婦の方は借り入れできず、アルバイトやパートなどで収入を得ている主婦の方が対象となっています。

 

配偶者貸付で審査対象が配偶者の方になりますので、旦那さんの収入証明書などの提出が求められるでしょう。
収入証明書、同意書、申込書がそろえられることになってから、申し込み手続きを開始した方が安心です。
旦那さんには内緒で借り入れをしたいというときは、消費者金融ではなく銀行カードローンを選ぶようにしましょう。


※当サイトはアフィリエイトプログラムによってサービスをご紹介しております。 従いましてご紹介しておりますサービスは、当サイトが直接ご提供するわけではございません。 掲載情報をご利用いただく場合、お客様の責任においてご利用いただきますよう願いいたします。 当サイトでは一切の責任を負いかねますので、ご容赦ください。

関連ページ

他社延滞中に社会福祉協議会から融資受けられる?
他社延滞中になったとき、すぐに給料日が来て埋め合わせができたらいいのですが、そんなラッキーなときばかりではありません。給与でなんとか返済ができないのであれば、どこかで資金集めをして補う必要があります。
他社延滞中なら大手より中小が融資されるワケ
他社延滞中の状況で融資の申し込みをすると、基本的に大手の金融会社の審査には通らないと考えられるしょう。その理由は、審査方法にあります。
他社延滞中の融資申し込み前に確認したいこと
他社延滞中でも全く借金をしたことがない場合でも、融資を受ける前にあらかじめ確認すべきポイントがいくつかあります。借金をしたら金利が必ずついてきますから、借り入れをした元金より利息分多く返済することになりますのでマイナスになります。必要最低限の融資だけにとどめる努力をすることが大切です。