×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

他社延滞中 社会福祉協議会 融資

他社延滞中に社会福祉協議会から融資受けられる?

他社延滞中になったとき、すぐに給料日が来て埋め合わせができたらいいのですが、そんなラッキーなときばかりではありません。

給与でなんとか返済ができないのであれば、どこかで資金集めをして補う必要があります。

 

融資を受けられる場所というと、銀行、消費者金融、社会福祉協議会などがあげられます。
銀行や消費者金融の利用は検討したけれど、社会福祉協議会は思い浮かばなかったという方も多いのではないでしょうか。
社会福祉協議会は一般企業ではなく市区町村や都道府県の公的機関が行っていますから、低金利もしくは無利息で融資を行っています。

 

しかし、誰でも利用できるというわけではなく、条件を満たしていなければ手続きを進めることができません。
主に3つの条件があり、高齢者世帯である、障害者世帯である、低所得世帯であるのうちいずれかに当てはまらなければなりません。
他社延滞中で返済がとどこおっている状況の方は、一定を上回る収入を確保しており、低所得者などの条件を満たしていないのではないでしょうか。
その場合は、社会福祉協議会以外で融資してくれるところを探すことになります。

 

すでに複数の金融機関から借り入れをしており、これから銀行か消費者金融のどちらに申し込むかでお悩みなら、銀行より消費者金融をおすすめします。
銀行はそもそも審査が消費者金融より厳しいのですが、審査に通り融資を受けるようになってからも、急に借り入れができなくなるケースがあるからです。

 

銀行は貸し付けを行っている利用者が他社でどのくらい借金をしているかを把握しており、他社からの融資額が膨れ上がると、急に前触れもなく融資額をゼロにされることがあります。

 

キャッシングなどでは、審査に通過したときに利用限度額が伝えられます。
利用限度額を上限とし、何回でも借り入れや返済を繰り返すことができます。
融資を受けていてまだ利用限度額に達していなければ、余裕があると思ってしまうところです。
しかし、借入先が銀行の場合はいくら利用限度額の全額を借金していないとしても、1円も借りられなくなることが起こり得ますので気を付けてください。

 

多重債務をしていて、さらに他社延滞中でも審査に通る可能性がゼロではないのは、中小消費者金融です。
中小消費者金融は柔軟な審査を行っていますが、貸し付けしたお金が戻ってこないとなれば営業を続けられませんから、きちんと審査をして返済能力の有無を判断しているのは大手と同じです。
どうして現在他社延滞中になっているのかなど聞かれたときに、審査担当者に納得してもらえるような説明ができるよう、あらかじめまとめておくと審査に通りやすくなるでしょう。

 

返済日に間に合わなかったときでも早めに対応しているなどの誠意と行動力を伝えることができれば、好印象になるはずです。
面談がある中小消費者金融の場合でしたら、身だしなみや服装もきちんとして、信用度をアップさせてください。


※当サイトはアフィリエイトプログラムによってサービスをご紹介しております。 従いましてご紹介しておりますサービスは、当サイトが直接ご提供するわけではございません。 掲載情報をご利用いただく場合、お客様の責任においてご利用いただきますよう願いいたします。 当サイトでは一切の責任を負いかねますので、ご容赦ください。

関連ページ

他社延滞中なら大手より中小が融資されるワケ
他社延滞中の状況で融資の申し込みをすると、基本的に大手の金融会社の審査には通らないと考えられるしょう。その理由は、審査方法にあります。
他社延滞中の融資申し込み前に確認したいこと
他社延滞中でも全く借金をしたことがない場合でも、融資を受ける前にあらかじめ確認すべきポイントがいくつかあります。借金をしたら金利が必ずついてきますから、借り入れをした元金より利息分多く返済することになりますのでマイナスになります。必要最低限の融資だけにとどめる努力をすることが大切です。
他社延滞中以外の融資されない原因とは
他社延滞中であっても、中小消費者金融なら融資を受けられる可能性が期待できます。しかし、他社延滞中であろうがなかろうが関係なく、まず審査に通ることは難しいのではないかと考えられる状況がいくつかあります。どのようなときに、審査に通りにくくなるのでしょう。