×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

延滞中でも借りれた

延滞中でも借りれた

消費者金融で審査に受からない場合

消費者金融や金融会社、そして、そのほかのキャッシング会社や金融業者や、大手消費者金融などの業者では、いかに審査が厳しくないところが多いといっても、なかには審査に合格しづらくなるケースも多いです。
たとえば、自己破産を経験していたる、多重債務者であったりして、他社も閲覧することができる信用情報にそれらの情報が載せられてしまうと、融資を受けるのは難しくなります。

質問サイトの回答者の方によると、消費者金融会社では、特に債務整理などの経験者はいわゆる「ブラック」という状態とされ、審査に受かりづらくなるケースも出てきます。
それでは、返済を少々延滞してしまった、という人は、どのような状況になるのでしょうか。

長期延滞中でも借りれた例

消費者金融や金融会社、そして、キャッシング会社や消費者金融会社、また、その他の金融業者や大手消費者金融などでこのように信用情報に、多重債務者であることや、他社からの借金を負っていた際に自己破産をした経験を載せられてしまうこと。

いわゆるブラックの状態であることは、審査の際に非常に不利に働きますが、債務整理などと同じように長期延滞をしている人も、やはり融資を受けるのは厳しくなるようです。
質問サイトの回答者によると、長期延滞中にさらに借金が必要になり、借りられた例もあるようですが、基本は、延滞をせず、きっちり返済しましょう。

延滞を解消する方法

では、このように金融会社や消費者金融会社、そして、消費者金融や金融業者、キャッシング会社などで返済を延滞していて、他社も閲覧できる信用情報にそれが載せられている場合。

なんとかそれを解消して、大手消費者金融などでもさらにお金を借りたい、という場合には、どうすればいいのでしょうか。
質問サイトの回答者の方によると、まず必要なのが、債務整理を経験している人や多重債務者、そして自己破産経験者などと同じようにブラック認定されることなく、審査に通ってさらに融資を受けることができるように、きっちり借金を返していくことです。


※当サイトはアフィリエイトプログラムによってサービスをご紹介しております。 従いましてご紹介しておりますサービスは、当サイトが直接ご提供するわけではございません。 掲載情報をご利用いただく場合、お客様の責任においてご利用いただきますよう願いいたします。 当サイトでは一切の責任を負いかねますので、ご容赦ください。