×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

延滞中 おまとめローン

延滞中 おまとめローン

延滞中 おまとめローン 関連記事





延滞中のおまとめローンについて

おまとめローンは審査が厳しいといわれています。
クレジットカードや消費者金融会社のカードローン、銀行ローンなどいろんな金融業者からキャッシングしていて、多重債務者一歩手前の状態で月に何度も来る返済日に、四苦八苦している状態の人が借金を一本化して負担を軽減させるために申し込みするのがおまとめローンです。

こういった返済に苦労している人に大きな金額を融資するのですから、厳しい審査をするのは当然のことです。
元々金融ブラックには一切融資しない、審査が厳しい銀行では尚更のことだと思います。

おまとめローンの審査において、当然信用情報や年収などの属性や借入金額をチェックしますが、一番重視するのは延滞の有無だといわれています。
たとえ年収が非常に高い人でも延滞していたら審査には通りません。
まとめローンに限らず、金融会社の審査では延滞は最も嫌われる要因と思って間違いないと思います。

これは審査の厳しい銀行や大手消費者金融系に限った話ではなく、審査が甘いといわれている中小消費者金融でさえも、他社の借入れが延滞中の人にまとめローンの融資は行わないと思われます。
百歩譲って低い融資額であればブラック情報があっても安定した収入があれば融資する街金や中小消費者金融は結構な数はあるでしょうが、おまとめローンとなると金額が大きくなるので、貸し倒れリスクがある人に融資をしないのが普通だと思います。

例外として、引き落とし口座が変更になったとか、うっかりの残高不足や転職などにより指定の口座を替えたなどの明確な理由があって返済が遅れた場合は考慮されるようです。

このような、どこからも借入できない状態の人の中には、他に選択肢がないと思って闇金などの怪しい金融業者にお金を借りようとする人がいますが、それだけは絶対にやめてください。
借金問題で困っている時は、専門の弁護士に相談すると解決することが多いです。

返済に行き詰っているときは債務整理という方法もあります。債務整理は法律で認められた借金の減額方法です。
そういったことも含めて一度プロに相談してみてはどうでしょうか。
匿名無料相談もあるようですよ。


▲TOPにもどる



延滞中 おまとめローン 他社延滞中

銀行カードローンや消費者金融会社でのキャッシングの返済が遅れたり、クレジットカードの引き落としに間に合わなかったという経験を持っている人はけっこういるのではないでしょうか。

2〜3日の延滞であれば何の問題もありませんが、それが長期にわたって延滞して61日以上過ぎてしまうと長期延滞と呼ばれる状態になってしまいます。
3か月以上延滞すると金融ブラック情報、いわゆる金融事故となって信用情報機関に記録され最長5年間データーが残るのでローン審査に通らない原因となってしまいます。

このような延滞事故情報がある人は上にも書いた通り銀行や大手消費者金融などの金融機関のローン審査に通りません。
急な出費でお金が必要になって新たに融資を受けたいと思っても、延滞情報が原因で審査に通らず借入できないということです。
できるなら早急に借金返済して延滞情報を解消したいものですが、人生には急病や入院など思いもよらないことが起こって、それもできない状態のときは中小消費者金融や街金のまとめローンに申し込みすると、審査が甘い業者が多いので融資を受けられる可能性があるかもしれません。

中小消費者金融は審査が甘いとはいっても、どんな状態の人でも審査に可決するというわけではありません。
上記のような多重債務者の一歩手前のような人では甘い審査が売りの金融業者でも融資を受けるのは難しいかもしれません。

中小の審査というのは、大手のような画一的なコンピューターシステムでの審査ではなく、安定した収入があって返済能力があると判断できた場合には融資をするといった感じです。
また、中にはいまだに対面審査を行っている金融会社もあるので、延滞になっている状況を説明し業者が納得できるのであれば融資を受けられる可能性もあるのではないでしょうか。

ネットで消費者金融紹介などのキャッシング情報を検索して、自分でも借入できそうな街金業者が見つかったら一度申し込みしてみるといいのではないでしょうか。
もしそれでもお金を借りられないときは、一度借金専門の弁護士に相談してみることをお勧めします。

弁護士と聞くと自己破産を薦められると思い込んでいる人もいるようですが、債務整理の方法は他にも色々あります。
自分に合った方法を相談の中で見つければ、今よりも楽な生活になるかもしれません。
匿名無料相談もあるので活用されてみてください。


▲TOPにもどる



延滞中 おまとめローン フクホー

延滞は銀行カードローンやキャッシングの審査で嫌がられる傾向にあります。
一言で延滞といってもどれくらいの期間の延滞かでも結果は違ってきますが、一週間程度の遅延であれば問題なく消費者金融の新規借り入れ審査に影響はないと思います。
もちろん、他社で新たに借入する前に返済するのがいいに決まっていますが、短期間の遅延なら属性が悪くなければ審査に通るのではないでしょうか。

他社の借り入れの延滞情報が問題になってくるのは2か月以上の延滞でしょう。
審査が甘い中小消費者金融会社の中でも老舗といわれていて人気が高いフクホーの審査でも長期延滞者には厳しいと思われます。
自己破産、免責一か月の金融ブラック者も融資を受けられたという口コミ情報があるフクホーなので、可能性がゼロではありませんが、自己破産後他社借り入れが何もない状態の人よりも、他社借入を長期延滞中の人のほうを嫌がる消費者金融は多いかもしれません。

なぜ、他社借り入れ延滞者を貸金業者はそんなにも嫌うのかというと、他社からの借金を返済できない人間が新たに借金しても返済する可能性のほうが低いと思われるからです。
つまり貸し倒れる確率が高い人が申し込みしてきてもほとんどの金融機関は断るということです。
多分、公務員のような属性が高いといわれる人であっても審査は否決されると思います。

しかし可能性はゼロではありません。
闇金に手を出してはいけないので、十分注意して見分けてほしいのですが、街金の中には他社借入延滞中の人にも融資している金融会社が存在するかもしれません。
もしくは保証人や担保を付けることで審査が可決される可能性もあると思います。
中小の消費者金融業者は十社あれば十通りの審査基準があるので、仕事をしていて在籍確認と本人確認の電話確認が取れる状態の人であれば融資するところがあってもおかしくないです。
チャンスはあるかもしれません。金利は高いと思いますが・・

最悪どこからもキャッシングできなかったからといっても、闇金からは絶対に借りてはいけません。
今はソフト闇金という業者も流行っているようですが、ソフトといっても違法は違法です。
法外な金利で人生を棒に振ることになりかねません。

借金問題で困っている人は債務整理も視野に入れて借金専門の弁護士に相談するという方法があります。
債務整理には色々な種類があって、法律で認められた借金の減額方法です。
匿名無料相談もあるので一度相談してみてるといいと思いますよ。


▲TOPにもどる



延滞中 おまとめローン 長期延滞

長期延滞中ということは金融事故となってブラック状態になっていると思います。
一般的に61日以上返済を遅延すると延滞と言われ、3か月以上延滞状態が続くと信用情報機関に事故情報として記載されます。
事故情報が記載されると銀行カードローンや消費者金融キャッシングなどの金融機関の審査に通らなくなりますし、クレジットカードを新たにつくることも困難になります。

何らかの理由で急にお金が必要になっても、他社の借り入れで延滞情報があると、たいていの金融業者からはお金が借りられないということです。
このようにならないためにも、2か月以内に延滞を早急に解消するべきなのですが、過ぎてしまったものはいまさら言っても仕方ありません。

長期延滞の事故情報がある人の場合、闇金以外もうどこの金融会社からもお金を借りることが出来ないのでしょうか?
延滞情報があると多くの金融会社は融資を敬遠します。
他社の借り入れを返済できない人に融資をしても貸し倒れる可能性のほうがずっと高いからです。

しかしながら、街金や中小消費者金融は宣伝広告費は使わず地域密着型で営業していて、審査基準は各会社様々です。
中には延滞者でも毎月きちんと収入があれば、それを評価して消費者金融審査を可決してくれる業者があるかもしれません。
あたってみる価値はあると思います。

そのとき気を付けてほしいのは、まちがって闇金に申し込まないことと、もしキャッシングできたら必ず返済することです。
優良店のふりをして闇金が紛れているので、必ずしっかり調べてから申し込むこと。
多重債務者にならないためにも、まとめローンを利用するなどして必ず返済してほしいと思います。

街金の情報は消費者金融紹介サイトや2chなどでも検索できます。
質問すれば回答者が教えてくれるサイトもあるので、申し込みブラックにならないためにもきちんと情報収集をしてから申し込むようにしましょう。

それでも借りられないとき、借金問題が解決できないときは行政の手を借りるのも一つの方法です。
日常生活が立ち行かなくなった場合は生活保護も視野に入れなければいけないかもしれません。
そこまでではない人は債務整理を視野に入れて専門の弁護士に相談するという方法もあります。
無料匿名相談もあるようです。
借金問題を専門に扱う弁護士さんは、その道のプロなのでいろんな借金減額の方法をご存知です。
辛いときには相談するのもいいと思います。


▲TOPにもどる



延滞中 おまとめローン 消費者金融

金融機関でお金を借りている状態で3か月以上の長期間返済が遅れると、個人信用情報機関に事故情報が記録されて最長で5年間、銀行カードローンや消費者金融の審査に通らずキャッシングができない状態になってしまいます。

延滞くらいどうってことないと、軽い気持ちで返済しない人がいるかもしれませんが、長期延滞は金融機関から敬遠される要因で信用情報機関でも債務整理や自己破産などと同じくブラック情報として扱われています。
長期延滞を決して軽い気持ちでやってはいけません。

どうして金融機関が延滞を嫌うのかというと、他社の借り入れを返済できていない人にお金を貸すということは、貸し倒れのリスクが限りなく高い人に融資することになるからです。
審査に厳しい銀行や大手消費者金融などでは、長期延滞中の人に絶対に融資はしないでしょう。
近い将来住宅ローンを組もうとしても審査に通らないということもあるということです。

では、絶対に長期延滞者は正規の業者からはお金を借りられないのかというと、そうとも言えないのです。
審査が甘い街金や中小消費者金融の中には、在籍確認の電話確認が取れて毎月きちんと収入があることがわかって返済が見込めると判断されれば貸付を行う可能性があるかもしれません。
また、年金を担保にしたり保証人を付けることができるならば融資可能とされる場合もあります。

街金の審査基準は各会社で実に様々で、大手のように画一的ではないので、どうしてもお金が必要ならばチャレンジしてみる価値はあると思います。
ただし、しっかり下調べして申し込みしなければ、何軒も回って申し込みブラックになってしまう可能性があります。
下調べというのは、街金の各お店の審査傾向をネットの情報などで調べることです。
長期延滞者にも融資実績があるような街金を探すといいのです。

そうやって探しても借入できない人は多いかもしれません。
生活費にも困る状況であれば行政に相談もありです。
そこまでではなくても借金問題で困っているならば債務整理も視野に入れて専門の弁護士に相談するという方法もあります。
自分一人で悩んでしまって闇金でお金を借りるよりは、無料相談を利用するほうがずっといいに決まっています。

▲TOPにもどる


※当サイトはアフィリエイトプログラムによってサービスをご紹介しております。 従いましてご紹介しておりますサービスは、当サイトが直接ご提供するわけではございません。 掲載情報をご利用いただく場合、お客様の責任においてご利用いただきますよう願いいたします。 当サイトでは一切の責任を負いかねますので、ご容赦ください。