×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

審査 落ちる

審査に落ちるということ

キャッシングの大原則として、審査に落ちないことがあります。
審査って何?という方、あなたの情報は、ある個人信用情報機関に登録されていることをご存知ですか?
過去にクレジットカードを利用したり、月賦で何かを購入した場合、クレジットカード会社などは、その貸借を記録として残します。
その記録が個人信用情報です。

 

住所や氏名などは役所で管理するものですが、クレジットやカードローン、キャッシングなどは特別な情報機関が存在します。
そこで、個人情報は管理され、それぞれの金融機関での審査の対象になります。
◯◯店でお買い物を一括払いした、電化製品を月賦が支払った、滞納しているなどの貸借がわかるのです。

 

一部の個人信用情報機関では、本人であれば照会できるものもあり、自分がどんな情報として記録されているかも確認することができます。
そこで、正常な貸借をしているのであれば、“正常”という記録になります。
審査は、この内容を吟味した上で、借入を決めるのです。

 

金融業者にとっては、見ず知らずの人の申し込みに対して、何の情報もなくむやみに貸すことはしません。
年収にしても、所得証明を確認したり、個人信用情報機関などを利用して、融資をしても大丈夫なのか、返済ができるかを確認します。
この方には貸すことができないと判断した場合、審査落ちです。

 

ただ、この一社の判断が全ての消費者金融などと同じではありまぜん。
個人信用情報機関とは別に、所得証明において、利用限度額も確認します。
金融業者では、総量規制に範囲内でしか貸付をしないことになっています。
年収の3分の一と決まっていますから、それ以上の貸付には一切応じないのです。
ですから、既に多重債務者となっている方の場合も、その場で審査落ちです。
この場合、総量規制に関しては、各金融業者では、共通の審査基準であり、これ以上魔の貸付では返済能力がないと診断されます。

 

また、債務整理をした方はすぐにはキャッシングなどはできません。
これも個人信用情報機関に則ったものです。
債務整理を行うと、すぐにその内容が記録され、事故情報になります。
事故のある方の場合、数年間のキャッシングはできない、これも金融業者では共通の審査基準になっています。


※当サイトはアフィリエイトプログラムによってサービスをご紹介しております。 従いましてご紹介しておりますサービスは、当サイトが直接ご提供するわけではございません。 掲載情報をご利用いただく場合、お客様の責任においてご利用いただきますよう願いいたします。 当サイトでは一切の責任を負いかねますので、ご容赦ください。

関連ページ

気になる審査は金融業者によって違う
消費者金融やカードローンの際には、必ず審査があります。金融機関が定める審査基準に通らなければ、お金を借りることができません。そして、この基準は統一されているものではなく、それぞれ基準に違いがあります。
審査はこうして行われるのではないか?
キャッシングの申し込みをしたら、すぐにお金が借りられるわけではありません。審査時間があるのですが、最近ではホームページなどでシミュレーション的に判断することが多いです。
審査がゆるい消費者金融とは?
消費者金融を探していると、CMなどを行っていると大手とあまり名前の聞かない中小消費者金融が存在しています。
どうしても審査に通らない方へ朗報です。
キャッシングなどには審査があり、その基準が個人信用情報機関です。ここでは、利用記録があり、消費者金融などの申し込みも記録されます。