×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

他社延滞中 大手 中小 融資

他社延滞中なら大手より中小が融資されるワケ

他社延滞中の状況で融資の申し込みをすると、基本的に大手の金融会社の審査には通らないと考えられるしょう。

その理由は、審査方法にあります。

 

大手と中小では、同じ消費者金融でも審査のやり方が根本的に異なります。
よく大手消費者金融の宣伝では、「即日融資可能」「審査最短30分」など対応がスピーディであることがアピールされています。
これほどまでの迅速な対応を可能にしているのは、コンピューターを用いたスコアリングシステムという審査を行っているためです。
中小は独自審査を行っており、申込者の返済能力を人が丁寧に判断しています。

 

(とはいえ、中小消費者金融でも即日融資可能なところがたくさんあります。
面談をして帰りに融資を受けることができたり、遠方でも口座振り込みで即貸し付けされるなど、コンピューターでなくてもスピーディな対応がなされています。
それは大手のように全国展開しておらず申し込み者が少ないので、きめ細かい対応をしてもスピードで極端な差がついていません。)

 

大手消費者金融では、仮審査と本審査があり、最終的の本審査を通過すれば契約にこぎつけることができるという流れです。
審査方法は各社で異なるでしょうが、基本的に仮審査ではいくつかの質問に答えて簡単に回答がでるというスタイルになっています。

 

仮審査で聞かれる項目は、生年月日、年齢、住所、勤務先、雇用形態、年収などです。
大手消費者金融にはこれまでの利用者の情報がデータベースになっており、返済がとどこおるタイプの人の傾向が割り出されています。
仮審査で申告された属性により、これまで自社で借り入れをしてきた会員の傾向と照らし合わせて、きちんと契約を守り完済してくれる人なのか審査を行います。

 

どのような属性にある人は貸し倒しするリスクが高いなどコンピューターのスコアリングシステムで出して、貸し付けするリスクが高い属性の人は審査に通りにくくなります。
現在他社延滞中の場合、すでに返済期日を守れていないということで、コンピューターが審査落ちの判断をしても当然です。
ですから、返済能力を人が判断している中小消費者金融の方が、他社延滞中の方にとっては見込みがあるというわけです。

 

勤務先についての項目があるのは、大手も中小も同じです。
消費者金融だということがわからないよう個人名を名乗り、職場に在籍確認の電話を入れます。
金融会社によっては電話で在籍確認を行うのではなく、書類で実施されています。

 

異なる勤務先を申告すれば在籍確認ですぐにバレてしまいますので、正しい情報を伝えるようにしましょう。
その職場で働いていないとわかれば、当然審査には通りません。
審査に有利そうな申告をすれば、間違いが明らかになったときに信用を損ないます。
担保や連帯保証人が不要だということは、ご本人の信用で貸し付けを行っています。
その信用を傷つけないことが、最も審査に通過するために大切なことです。


※当サイトはアフィリエイトプログラムによってサービスをご紹介しております。 従いましてご紹介しておりますサービスは、当サイトが直接ご提供するわけではございません。 掲載情報をご利用いただく場合、お客様の責任においてご利用いただきますよう願いいたします。 当サイトでは一切の責任を負いかねますので、ご容赦ください。

関連ページ

他社延滞中に社会福祉協議会から融資受けられる?
他社延滞中になったとき、すぐに給料日が来て埋め合わせができたらいいのですが、そんなラッキーなときばかりではありません。給与でなんとか返済ができないのであれば、どこかで資金集めをして補う必要があります。
他社延滞中の融資申し込み前に確認したいこと
他社延滞中でも全く借金をしたことがない場合でも、融資を受ける前にあらかじめ確認すべきポイントがいくつかあります。借金をしたら金利が必ずついてきますから、借り入れをした元金より利息分多く返済することになりますのでマイナスになります。必要最低限の融資だけにとどめる努力をすることが大切です。
他社延滞中以外の融資されない原因とは
他社延滞中であっても、中小消費者金融なら融資を受けられる可能性が期待できます。しかし、他社延滞中であろうがなかろうが関係なく、まず審査に通ることは難しいのではないかと考えられる状況がいくつかあります。どのようなときに、審査に通りにくくなるのでしょう。