滞納者 お金借りる 即日

滞納者 お金借りる


 

 

滞納者でもお金借りる事が出来るのはどんな金融機関?

滞納者というのは風あたりが強く、お金を借りる事は難しくなる場合が大半です。
しかし、金融業者の中には滞納者でも審査の対象としてくれる金融業者はございます。
あきらめず、そのような金融業者をご利用してみると良いでしょう。
どのような金融業者であれば滞納者でもお金を借りる事が出来るのか、詳しく解説していきます。

 

審査の基準が高い金融機関のご利用は難しい

滞納者というのは、1番金融会社に敬遠されてしまうブラック情報です。
その理由は、延滞者はお金にだらしなく返済能力が低い方と思われてしまうからです。
そんな方に新たに融資しても、間違いなく返済してもらえるかどうかは保証出来ませんので、審査の対象とはしません。
銀行系やプロミスやアコムのような大手消費者金融の様なカードローンでは、ほぼキャッシングは難しいといえます。
中小消費者金融であれば審査の基準が低いので、滞納者でも期待できます。

 

延滞ブラックかどうかで扱い方が全く変わる

延滞者であっても、滞納した日数により対応は変わります。
60日以内の延滞であればOKの、カード会社や金融業者は割と多くございます。
61日以上の長期延滞の場合は延滞ブラックとなり、金融事故となってしまう事で対応が変わっていきます。
延滞ブラックとなると信用情報機関に記録されてしまいますので、金融事故情報がある限り審査に通る金融機関というのはグンと少なくなってしまいます。
延滞者というのは、延滞が60日を超えるか超えないかにより、金融業者の対応が全く変わってきます。
60日以内の延滞であれば個人信用情報機関への記載はありませんので、中小の消費者金融の様な街金では審査に通る可能性はあります。
しかし、61日以上の延滞ブラックは、個人信用情報機関に事故情報として記載されてしまいますので、ご利用出来る金融業者が限られてしまいます。
延滞情報が個人信用情報機関に記載されていると、敬遠してしまう消費者金融は大半です。

 

現在延滞中の場合は延滞を解消しないとキャッシングは難しい

現在延滞中の方は、延滞の状態を解消しないと新たなキャッシングは難しいという事となります。
延滞分を支払う事で、新たなキャッシングが組めるようになります。
まずは、今の延滞を支払う事を先に行った後に、新規キャッシングを検討しましょう。
審査の甘い街金であっても、延滞中の方は審査の対象とはしません。
金融機関というのは、今現在滞納している方への審査はとても厳しくなります。
滞納という事は返済に対し物凄くだらしない事となりますので、貸金業側は1番嫌います。
まずは滞納を無くさないと、審査の多少になる事も出来ません。

 

街金の場合1年以上の延滞情報の記載であれば審査の対象になる場合も

中小消費者金融の様な街金は、延滞情報が個人信用情報機関に記載があっても1年以上前の情報であれば審査の対象とする場合があります。
その理由は、その事故情報が1年以上の過去の事だからです。
1年以上経っていて今現在支払い能力があるのであれば、融資しても問題ないだろうと判断してくれます。
中小消費者金融等の街金は知名度が低いので、銀行や大手消費者金融のようなふるいの掛け方をしてしまうと顧客のゲットが難しくなってしまいます。
その為、ハードルを低くして顧客を得ようとし、延滞事故者にもこのような柔軟な対応を取ってくれる金融業者が大変多くあります。
1年以上経っているのであえば審査の対象となる事がありますので、気になる方は事前に金融機関にお電話でご相談をしてみると良いでしょう。

 

口コミで滞納者OK情報を検索してみよう

中小の消費者金融の様な街金は、滞納者であっても1年以上経っていると審査の対象としてくれる業者がございます。
滞納者OKの金融業者を探すためには、インターネット上での口コミ情報を参考にしてみると良いでしょう。
実際にご利用した方の声であれば、間違いの無い情報として検討する事が可能となります。
消費者金融のホームページには滞納者OKとは記載がありませんので、その様な口コミ情報は大変重要な情報となります。

 

いかがでしたでしょうか。
滞納ブラックの方でも、その情報が1年以上であれば審査の対象としてくれるブラックOK金融業者はございます。
滞納ブラックで大手の審査に通らなかったと落ち込んでいる方は、中小消費者金融の様な街金のローン会社に目を向けてみましょう。

 

 

 

▲TOPにもどる

 

滞納者がお金を借りる為にはブラックリストの掲載がカギ

滞納者がお金を借りる事が出来るか否かは、ブラックリストの掲載が大きなカギとなります。
どのようなブラックリストの掲載が審査のカギとなるのか、詳しく解説していきます。

 

延滞者とはどのような方なのか

延滞者は、返済期日までお金を返さなかった方を指します。
あらかじめ決められた日に返済しなかった場合、延滞となってしまいます。
数日の延滞であればあまり問題視されませんが、重要なのは延滞の状態が酷い方です。
返済の状態が酷くなると、延滞ブラック情報としてブラックリストに記載されてしまいます。
その定義は、返済期日から61日以上経った状態を返済ブラックとし、個人信用情報機関つまりブラックリストに記載します。
融資の審査の際、金融業者はその内容をチェックして審査をしますので、延滞ブラックの記載がある場合は審査の対象とはしません。
61日以上延滞となっている方は、審査の対象とならない延滞者となります。

 

ブラックリストにはいつまで延滞情報が掲載されてしまうのか

ブラックリストには、延滞情報は5年記載されてしまいます。
5年経たないと延滞ブラックの情報は消えないので、銀行や大手消費者金融の様な審査のハードルが高い金融業者はブラック情報が記載されているうちは審査の対処とはなりません。
延滞ブラックになったら、5年間は銀行や大手消費者金融の審査は通りません。
中小消費者金融等の街金は、延滞ブラック情報があっても1年以上経過していれば審査の対象となる業者もございます。

 

1年以内の延滞ブラックなのか不安な場合の確認方法

延滞ブラックとなって1年以上で中小消費者金融をご利用出来る可能性があるのでしたら。ご利用してみたいと思われる方もいると思います。
しかし、1年経ったのかどうか疑問な方は、ご自分で個人信用情報機関に問い合わせてみると確認する事が可能となります。
ブラックなのかの確認方法は、このようなポイントで調べます。

 

個人信用情報機関は3つある

個人信用情報というのは、3つの種類がございます。
クレジットカードの場合は、CICという個人信用情報機関です。
キャッシングやカードローンの場合は、JICCの個人信用情報機関もございます。

 

開示方法は3つの方法がある

個人信用情報機関の開示方法は、窓口開示、インターネット開示、郵送開示の3つの方法がございます。
また、開示には必要書類が必要となり、信用情報開示申込書、開示手数料、本人確認書類が必要となります。
開示手数料は、窓口で500円、郵送とインターネットで1,000円かかります。
郵送の際は本人限定受け取り郵便で送ってもらえますので、ご家族や周りの方に勝手に見られる事無いので安心です。

 

延滞ブラックはキャッシングの延滞だけではない場合もある

延滞ブラックは。キャッシングの延滞が影響するものと思われると思います。
しかし、意外なところに延滞ブラックは潜んでおりますので、是非注目してみましょう。
よくある延滞ブラックといえば、携帯電話の支払いです。
携帯電話はキャッシングの延滞とは関係ないと思われるかもしれませんが、個人信用情報機関に記載されてしまう延滞情報となってしまいます。

 

その理由は、毎月の携帯電話の支払いの中に機種代金の分割金が含まれている方が多い事に注目してみましょう。
携帯電話の分割代金の支払を月々の支払いに含めて返済している方は、毎月の携帯電話の支払いを延滞してしまうと機種代金の返済の延滞も発生してしまいます。
特に若い方は携帯電話の支払いの延滞は簡単に行ってしまう方も多いようで、2か月位延滞してしまっている方というのは珍しくないようです。
2か月延滞して61日以上の延滞となると、立派な延滞ブラックとなってしまいます。

 

延滞ブラックの中には、携帯電話の毎月の支払いが延滞してしまう事で延滞ブラックとなっている方も多くいらっしゃいます。
キャッシングの延滞と同じ扱いとなってしまい、61日以上の延滞で個人信用情報機関に記載されてしまいますので、注意が必要となってしまいます。
携帯電話の支払いで延滞者となってしまうなんて、こんな事は絶対にあってはなりません。
素早く延滞解消とし、延滞情報を失くして審査が通る状態へと導くようにしなければいけません。

 

いかがでしたでしょうか。
延滞者というのは、ブラックリストに掲載があるか否かにより対応が大きく変わります。
キャッシングの延滞だけではなく携帯電話等の月々の支払いも延滞の対象となりますので、絶対に期日まで支払いをするように心がけましょう。
中小消費者金融等の街金であれば、ブラック延滞であっても1年以上経っていれば融資を受ける事が可能となる場合もございます。
1年経った後に融資を受けたい場合は、中小消費者金融等の街金のご利用を検討してみましょう。

 

 

 

▲TOPにもどる

 

滞納者は街金でお金を借りる事は可能なのか

滞納者がお金を借りる際に注目すべき金融業者は、街金です。
街金は、様々な訳アリの方が多くご利用しておりますので、滞納者にも柔軟な対応をしてくれる事を期待する事が出来ます。
何故街金が滞納者にオススメなのか、その理由をご紹介致します。

 

街金は審査のレベルが低い

滞納者に街金をオススメ出来る最大のポイントは、審査のレベルの低さです。
街金の審査の低さのポイントは、これらが挙げられます。

 

知名度が低い

知名度が大変低いので、審査のレベルを低くしないと顧客が寄ってきません。
その為、柔軟な審査で対応してくれます。

 

独自審査により事情により考慮した審査をしてくれる

街金の多くで採用している審査方法は独自審査であり、顧客に合わせた審査をしてくれます。
延滞経験者であっても今の状態を大きく評価する事で、今現在支払い能力があるのであれば審査の対象となる事があります。

 

現在延滞中じゃなければ審査の対象となる場合が大半

延滞者の方でも、現在延滞中じゃなければ審査の対象とする街金は大変多くございます。
現在延滞中じゃなければ、今度は延滞せずご利用してくれる可能性があると判断してくれるからです。
その為、滞納者の方でも内容によっては審査の対象となる事を期待する事が出来ます。

 

地元密着の審査をしてくれる

街金というのは、地元優先の審査を行ってくれます。
その為、多少属性や債務性が良くなくても、どこか融資出来る要素があれば審査の対象としてくれる傾向があります。

 

このような感じから、延滞者でも審査の対象となる確率が高くなるといえます。

 

ブラックOKの街金を検討してみよう

ブラックOKの街金であれば、滞納者の方でも審査の対象となる確率が高くなります。
ブラックOKの街金の口コミを検索してみると、ほとんどの街金が延滞者でもご利用出来たという声が挙がっております。
ライフティやキャレント、ニッセイキャッシングなどは、延滞中でも審査の対象となる場合があるようですので、注目してみる良いでしょう。

 

街金は正規の金融業者なので安心してご利用出来る

街金は言葉のイメージが良くないせいか、ご利用したくないと思われる方もいらっしゃるようです。
しかし、街金というのは正規の金融機関ですので、特に問題なくご利用出来る業者です。
闇金とネーミングが似ているので良いイメージが無いのかもしれませんが、街金は消費者金融の小さな企業であり、貸金業の許可を持っている正規の金融業者です。
中小の消費者金融であり、大手消費者並みの対応をしてくれますので安心してご利用いただけます。
不安な方は、街金のホームページで貸金業の許可の掲載を確認しましょう。
貸金業の許可番号を持っていれば、正規の金融業者という証拠となります。

 

大手金融業者が対象としない顧客を取り込むのが街金

街金というのは、大手金融業者が取り込まない顧客を取り込む傾向がございます。
その様な顧客を取り込まないと、必要な顧客を手に入れる事が出来ないからです。
大手でアウトとなってしまう事故情報の方でも、今現在収入を得ており生活を立て直しているのであれば、支払い能力に影響がないので問題のない顧客と判断するのです。
その為、滞納者でも審査の対象となる期待を持つ事が可能となるのです。

 

街金は滞納してしまうと対応が厳しい場合があるので注意

街金をご利用し滞納してしまった場合は、取り立てが厳しい場合もあります。
増してや過去に滞納経験がある方を審査に通した街金ですので、滞納をしてしまった際の対応は厳しくなってしまう場合もございます。
せっかくご利用出来た街金でも、また滞納をしてしまうと大変な状態となってしまいますので、絶対に滞納しないよう心がけてご利用するようにしなければいけません。

 

街金の中には闇金も潜んでいるので注意

街金のご利用の際に必ず言われる事といえば、闇金が潜んでいるという事です。
一般的な街金と同じような感じで潜んでいますので、一見見分けが付かない場合もございます。
間違って闇金をご利用してしまうと、大変な事となってしまいます。
正規の街金をご利用する為には、貸金業の許可番号の確認や住所、電話番号の確認です。
許可番号があるのか、住所や電話番号は存在するのかを確認し、正規の街金をご利用するようにしなければいけません。

 

いかがでしたでしょうか。
滞納者は、街金のご利用がオススメとなります。
ご利用出来る業者が多く審査通過に期待が持てますので、是非検討してみると良いでしょう。

 

 

 

▲TOPにもどる

 

滞納者で複数社からお金借りている場合はおまとめローン

滞納者でキャッシングの審査に通らない場合でも、まだあきらめてはいけません。
複数社に借入があり審査に通らなく困っている場合は、おまとめローンの検討をしてみませんか。
複数社に借金がある滞納者でキャッシングの審査に通らない場合におまとめローンをオススメする理由を、ご紹介していきます。

 

複数社に借金がある滞納者におまとめローンがオススメの理由

滞納者になってしまう方は、他社の借入件数が多い多重債務者である場合が多くございます。
多重債務者であるゆえ延滞が発生してしまい、キャッシングの審査が通らなくなるというパターンが大半です。
おまとめローンは、一般的なローンと比べると審査の流れが違います。
おまとめローンであれば審査に通る可能性を高める事が出来る事もありますので、目を向けてほしいポイントといえます。

 

中小消費者金融のおまとめローンなら審査通過を期待出来る

複数社から借入れがある滞納者でも審査の対象と期待出来るのが、中小の消費者金融です。
中小の消費者金融なら審査が甘めですので、滞納者であってもおまとめローンの審査の対象となる可能性が高くなります。
滞納者では、銀行や大手消費者金融では門前払いとなってしまいますので、最初から考え方除外する事を強くオススメします。
滞納者は、中小消費者金融のおまとめローンを検討するようにしましょう。

 

滞納が過去の事であれば滞納者でもご利用が可能

滞納にも種類があり、現在滞納中の場合はおまとめローンの審査は厳しくなってしまいます。
おまとめローンは多額の融資を得るローンですので、現在滞納中の方は支払い能力の低さに審査の対象外となってしまう場合が大半です。
滞納が1年以上も前の事であれば、中小消費者金融のおまとめローンは審査が通る可能性が高くなります。
滞納経験から1年経っていない場合は、事前にその旨を金融業者にご相談をしてお申し込みの検討をしてみるようにしましょう。

 

支払い期日が迫っている場合は即日融資可能のおまとめローンを

滞納者の場合、支払期限が迫っている可能性があります。
その場合は、即日融資のおまとめローンのご利用を検討してみると良いでしょう。
おまとめローンのほとんどが銀行振込融資となるので、銀行の営業時間内に契約まで手続きを終わらせないといけません。
その為、確実に即日融資にしたい場合は、金融業者が開店したのと同時に申し込む事が大事となります。
申込みの際に即日融資にしたい旨を伝える事で、早い対応をしてくれますので必ずお話するようにしましょう。

 

おまとめローンご利用後にまたキャッシングをしても大丈夫?

おまとめローンをご利用する際気になる事といえば、おまとめローン後新たにキャッシングは可能なのかではないでしょうか。
おまとめローンをしても、どうしてもお金が必要となってしまう事はあります。
そんな時、キャッシング出来ないと不便になってしまいます。
おまとめローンご利用後にキャッシングをする事は、法律には全く違反しておりません。
その為、新たなキャッシングは可能となります。
ただし、おまとめローンで返済をした金融会社はご利用出来ない場合もございますが、新たな金融会社へのキャッシングであれば全く問題ありません。

 

しかし、おまとめローン後の再借入はおすすめ出来ません。
せっかくおまとめローンとしたのに、更に借入れをしてしまう事でイタチごっことなってしまい、借金が減らなくなってしまう事があるからです。
どうしても緊急性でお金が必要な場合は可能ですので、心配せずおまとめローンのご利用が可能となります。

 

借換えローンでの審査も検討してみよう

借り換えローンは、今ある借金を借換えして古い借金を失くし新しい借金を作る流れのキャッシングです。
今お使いのキャッシングよりも金利等の条件が良いローンに借り換えをする事で、借金の返済負担を減らしていく方法となります。
滞納者でも審査の対象となる借り換えローンもございますので、是非検討をしてみましょう。
おまとめローンと同様、総量規制の対象とはなっておりません。

 

いかがでしたでしょうか。
複数社に借金がある滞納者は、おまとめローンのご利用をオススメします。
中小消費者金融のおまとめローンであれば審査の対象となる確率が高くなりますので、とてもオススメとなります。

 

 

 

▲TOPにもどる

 

滞納者がお金を借りる事が出来なくてもご利用してはいけない闇金

滞納者がどの手段でもお金を借りる事が出来ない場合は、闇金を検討される方もいらっしゃると思います。
どこも貸してくれないから仕方ないと思われるかもしれませんが、闇金は絶対にご利用してはいけない悪徳金融業者です。
闇金をご利用してはいけない理由を、詳しくご紹介いたします。

 

滞納者がなびく甘い言葉の金融業者は闇金

滞納者でどこからもお金を貸してくれない場合は、どうやってお金を工面すれば良いのか困ってしまいます。
そんな時、こんな甘い言葉を見かけると気になってしまうと思います。

  • 滞納中でもOK
  • 多重債務者でもOK
  • ブラックでもOK
  • 債務整理直後でもOK
  • 自己破産直後でもOK
  • 携帯電話やスマホから気軽にOK
  • 今日の生活費が足りない方でもOK
  • 無職でもOK
  • 収入が無くてもOK
  • 申し込みブラックでもOK
  • 生活保護の方でもOK
  • 10分で貸付OK

このようなうたい文句の広告を見ると、良心的な金融業者と思われると思います。
滞納者にとっては、救世主の様な存在に思えてしまいます。
しかし、このような状態でもOKの正規の金融業者というのはございません。
そう考えると、このようなうたい文句の金融業者は闇金のような悪徳業者という事がわかります。
この様な甘い言葉には、絶対なびいてはいけないのです。

 

最近多いクレジットカード番号を記載させる悪徳業者

融資というのは、銀行口座に振込融資をしてもらったり、カード発行によりATM融資をしてもらう方法が大半です。
近年多くなっている悪徳業者の手口にあるのが、インターネット申し込みの際にクレジットカードの番号を記載させる手口です。
融資には銀行口座かカードしかご利用しないので、本来クレジットカードというのは不要です。
しかし、申込フォームにクレジットカード番号を記載する欄を設け、記載させクレジットカード番号を詐欺として奪い取ろうという犯罪が増えております。
融資にクレジットカードは全く必要ありませんので、このような手口には絶対に引っかからないようにしましょう。

 

闇金は取り立て方法が半端じゃない

闇金の酷さは、金利の他に取りたてがあります。
きちんと返済するから取りたては無いと思われるかもしれませんが、滞納経験がある方が100%滞納せず支払いが出来る可能性は低いといえます。
その為、必ず待ち受けているのが取り立てです。
闇金の取り立てというのは、借り手を脅迫して私生活を妨げるような酷いやり方を平気でしてきます。
この様な取り立ては貸金業法にて禁じられているのですが、闇金は貸金業法にのっとった対応はしなくていいので、好き勝手な取り立てが可能となります。
このような、想像以上の取り立てを平気で行ってきます。

  • 大人数で自宅や職場に押しかける
  • 夜間にもかかわらず、電話やFAX、自宅訪問をしてくる
  • 張り紙等で周囲の人に借金の事実をばらす
  • 大きな声で乱暴な態度で迫ってくる
  • 暴力的な態度で対応される
  • 家族や友人等借り手の身近な方に借金の肩代わりを要求する

このような、TVドラマのような取り立てが本当に発生します。
今の時代でも、闇金はこのような手段を選ばない自分勝手な取り立てを平気で行ってきます。
素人では、このような強引な手口には対応できません。

 

ソフト闇金は全くソフトではない

近年、ソフト闇金という存在があります。
闇金が緩めになった存在のように思えがちですが、全くそんな事はございません。
取り立てや対応は一般的な正規の金融業者の様にし、金利は闇金と同じ膨大な金額を請求してくるのがソフト闇金の手口となっております。
対応が柔軟だけ良いと思われるかもしれませんが、貸金業法に違反した膨大な金利を要求してきますので、膨大な支払い総額になってしまう事は間違いありません。
想像以上の金利の高さにより、結局はソフトでも何でもない闇金のご利用となってしまうのが現状です。
ソフト闇金ならいいのかなと思えてしまう方もいるようですが、最終的には闇金の対応をされてしまいますので、全くソフトではないという事を覚えておきましょう。

 

闇金を検討するなら債務整理の方が断然効果的

金融業者からお金を借りる事が出来なくても、闇金のご利用は絶対してはいけません。
どこも貸してくれず困ってしまった場合は、債務整理をされる方法の方が賢明な選択となります。
債務整理には3つの方法がございますが、借金を少なくさせたりゼロにしたりなど様々な解決方法がございますので、非常に楽になっていきます。
弁護士や司法書士にご相談をする事で、どの債務整理をご利用すべきなのかを検討してくれますので、まずはご相談をしてみると良いでしょう。
債務整理をすると信用情報に記載されてしまうのが難点ではありますが、闇金に手を出すと今よりもっと苦しい返済に精神的に参ってしまいます。
闇金を利用して苦しくなる事が目に見えているのであれば、債務整理で借金解決を検討する方が利口な判断となります。
債務整理のご相談は無料で受け付けているところが大半ですので、まずは気軽にご相談をしてみると良いでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。
このように、闇金というのはお金の借り手の弱い立場を利用し、自分勝手な強引さにより相手を脅迫してきてお金をむしり取っていく金貸し屋です。
その様な事が起きないよう、貸金業法によりお金の借り手を守るようなルールを設けております。
貸金業に登録されている金融業者をご利用する事で、借り手は安心してキャッシングのご利用が出来るようになります。
闇金は、貸金業の許可を持っておりません。
ルールなく好き勝手にキャッシングを行いますので、やり放題の手口で近づいてきます。
想像以上に怖いので、絶対にご利用しないようにしましょう。
金融ブラックで辛いから闇金をご利用しようと思うなら、債務整理の方が賢く最適な方法となります。
闇金は、絶対にご利用しないようにしましょう。

 

 

 

▲TOPにもどる

 

 


※当サイトはアフィリエイトプログラムによってサービスをご紹介しております。 従いましてご紹介しておりますサービスは、当サイトが直接ご提供するわけではございません。 掲載情報をご利用いただく場合、お客様の責任においてご利用いただきますよう願いいたします。 当サイトでは一切の責任を負いかねますので、ご容赦ください。