他社延滞中 融資

他社延滞中 融資

 

 

他社延滞中に融資してくれる金融機関はある?

 

銀行や消費者金融会社、カード会社などの金融業者からお金を借りていれば、毎月の返済日に支払いを守らなければならないのは当然のことです。
しかし、ときには急病やケガなどによって大きな出費が生じ、返済にあてる予定だったお金を支払えないこともあります。

 

突発的で一時的なことですので生活保護を受けたり債務整理で自己破産者になるほどの事態ではないものの、返済のために別の金融会社から融資を受けることを考えることもあるでしょう。
そのような事態におちいったら、他社延滞中でも融資してくれるところはあるのでしょうか。

 

このような場合、まず重要なことは支払いの遅延がどのくらいの期間続いていたかということです。
返済日より遅くなってしまったとしても、早めに対応することができれば、個人信用情報機関のデータベースに登録されることは免れます。

 

遅延で審査対象にもなれずに落とされる可能性が高いのは、長期延滞をして個人信用情報機関のデータベースに載ってしまった場合です。
通常2〜3日程度遅れてしまったくらいでは個人信用情報機関に登録されませんので、あまり深刻に心配する必要はないでしょう。

 

金融ブラック情報に載るというのは、数カ月など長期間の延滞です。
間違っても支払いのために闇金などの危険な金貸し屋に手を出して、借金整理をしようなどと考えないように気を付けてください。

遅延の時期が2〜3日で終わらず、長期化してしまったという場合は、大手消費者金融貸金業者ではなく、中小の金融機関を選んだ方が融資を受けられる可能性があります。
中小の消費者金融審査キャッシングはゆるいといった評判があるようですが、ゆるいとか甘いというと誰でも審査落ちせず借り入れできるような誤解を与えがちです。

 

中小消費者金融業者は大手のようなコンピューターによるスコアリングシステムではなく、独自審査を行っています。
返済能力がありそうかを人が判断しているところから、審査に通る期待が持てるということなのです。

 

中小消費者金融はほとんどの人が社名を知らないので、本当に信頼していい街金業者かの判断が難しいものです。
ネットでキャッシング情報を探してみると、いろいろなサイトで取り上げられています。
消費者金融まとめサイトや消費者金融紹介センターなどのホームページ、消費者金融キャッシングローンQ&Aなども困ったときには参考になりそうです。
中小消費者金融は全国展開していないところが少なくないですが、ホームページから申し込みができたり、提携ATMや口座振り込みによって借り入れ可能です。
具体的にわからないことがあれば、営業時間内に電話で対応してくれます。

 

長期的な他社延滞中におちいっていると、個人信用情報機関に登録されている可能性がありますが、情報保有期間がありますので一生大手で借り入れできないというわけではありません。
中小消費者金融から融資を受けて、さらに生活費にも困るようになり多重債務者なったときには、おまとめローンという選択肢もあります。
大手で審査に通らなくてもまだまだ手段はありますので、まずは中小規模の金融業者からあたってみてはいかがでしょうか。

他社延滞中 融資記事一覧

他社延滞中に社会福祉協議会から融資受けられる?

他社延滞中になったとき、すぐに給料日が来て埋め合わせができたらいいのですが、そんなラッキーなときばかりではありません。給与でなんとか返済ができないのであれば、どこかで資金集めをして補う必要があります。融資を受けられる場所というと、銀行、消費者金融、社会福祉協議会などがあげられます。銀行や消費者金融の...

≫続きを読む

他社延滞中なら大手より中小が融資されるワケ

他社延滞中の状況で融資の申し込みをすると、基本的に大手の金融会社の審査には通らないと考えられるしょう。その理由は、審査方法にあります。大手と中小では、同じ消費者金融でも審査のやり方が根本的に異なります。よく大手消費者金融の宣伝では、「即日融資可能」「審査最短30分」など対応がスピーディであることがア...

≫続きを読む

他社延滞中の融資申し込み前に確認したいこと

他社延滞中でも全く借金をしたことがない場合でも、融資を受ける前にあらかじめ確認すべきポイントがいくつかあります。借金をしたら金利が必ずついてきますから、借り入れをした元金より利息分多く返済することになりますのでマイナスになります。必要最低限の融資だけにとどめる努力をすることが大切です。最近では「初め...

≫続きを読む

他社延滞中以外の融資されない原因とは

他社延滞中であっても、中小消費者金融なら融資を受けられる可能性が期待できます。しかし、他社延滞中であろうがなかろうが関係なく、まず審査に通ることは難しいのではないかと考えられる状況がいくつかあります。どのようなときに、審査に通りにくくなるのでしょう。1つ目は、申し込みブラックと呼ばれる状態にある人で...

≫続きを読む


※当サイトはアフィリエイトプログラムによってサービスをご紹介しております。 従いましてご紹介しておりますサービスは、当サイトが直接ご提供するわけではございません。 掲載情報をご利用いただく場合、お客様の責任においてご利用いただきますよう願いいたします。 当サイトでは一切の責任を負いかねますので、ご容赦ください。